登録可能な商標

  自分の商品/サービスと他人の商品/サービスとを識別することのできる表示が商標であり、言葉、名称、シンボル、数字、文字、図形、更に日本では登録不可能な以下のような商標も登録可能です。 

 

①トレードドレス:商品パッケージのデザインや店舗の内外装 

例)コカコーラの瓶、アップルストアの店舗の外装

②スローガン:製品やサービスの宣伝などに使われるフレーズ

例) "JUST DO IT"、"Ideas for life"intel.jpg

③音:コマーシャルで流れる社名や製品の音程など

例)インテルのサウンドロゴ

④匂い:例)ペパーミントの匂いのするファイルホルダー、ダーツ用の矢に用いられる苦いビールの強い匂い

⑤色彩:企業のユニフォームなどイメージカラーとして使われている色など

例)女性の履物の底に使われる赤色、セブンイレブンの看板に使われているオレンジと緑と赤の三本の平行線MS.jpg

⑥動き:テレビやパソコンの画面上でのロゴマークの動き方

例)マイクロソフトのPC起動時のロゴBird.jpg

⑦ホログラム:見る角度によって色や絵が変わるホログラム

例)クレジットカードに付いてるホログラム

⑧位置商標:例)リーバイスのシャツのポケットの外側に常置されるタグの位置

⑨味・触感:例)ベルベットの肌触りのするワインの瓶 

 

*日本特許庁もこれらの商標を登録可能にするよう2013年に商標法改正案提出を目指しています。

 

以下のような商標は登録性がありません。

  • 他人の商標と出所混同を生じる恐れがあるもの
  • 識別性を欠くもの
  • 単なる記述的な表示、地理的表示、氏姓にすぎないもの、機能的な表示
  • 不道徳、欺瞞的、中傷的、軽蔑的な商標
  • アメリカ合衆国、州、地方公共団体、外国等の旗章、紋章など
  • 生存者の氏名、肖像、署名